瓦そばとは

山口県の郷土料理 瓦そば

瓦そばは、熱した瓦に茶そばや牛肉、錦糸卵を乗せてつゆで食べる山口県下関市豊浦町の郷土料理です。現在では県内だけでなく、ご当地グルメとして県外の方にも広く知られるようになりました。
有限会社三浦製麺では地域活性化を目指して瓦そばの製造を行っており、ネット通販をはじめスーパーやサービスエリアなどで販売しておりますので、ぜひご家庭で気軽に瓦そばをお楽しみください。安心・安全をモットーにした麺作りで、幅広い方にお楽しみいただけます。

西南戦争をヒントに誕生した郷土料理・瓦そばについて

瓦そばとは、その名の通り熱した瓦に具材を乗せて食べる料理です。現在では郷土料理として地元の方に親しまれておりますが、ドラマやバラエティ番組などでも度々紹介されたことで全国にその名が知られるようになりました。瓦そばのはじまりは、西南戦争において兵士たちが野戦の際に瓦を使用して野草や肉を焼いて食べたことをヒントに、1962年に下関市豊浦町にある旅館「たかせ」の創立者・高瀬慎一氏によって開発されたものです。抹茶を練り込んだ茶そばに、牛肉、錦糸卵、海苔、レモン、もみじおろしを乗せ、温かいつゆに付けて食べます。
「川棚温泉の名物」となるほど地域に親しまれた瓦そばは、その後幅広く知られるようになり、県内のご当地グルメとして家庭でも気軽に食べられるソウルフードとして定着しております。